Memory in the 1990's
space
作品略歴 撮影資料 キャメラ Eメール 動画を見る ホームに戻る
space

1997年度撮影作品

題名:トミー・プラモン
副題:誕生編
Pramon1 トミーの新商品「3Dフルカラーモデル・プラモン」の誕生です。雲の中から光りが天空へこぼれ伸びる。リザードン登場!このカットはCG素材をクウォンテル社のエデットボックスで仕上げました。当初フロントラインで合成も含めて作業をする予定だったのですが、納期の時間的な問題がネックになり、リアルタイムで処理出来るエデットボックスを頼る事になり、チーフ・オペレーターの長谷川喜之さんにお世話になりました。
Pramon1 また今回の作品からフロントラインでは往来のJPEG圧縮画像処理(MAC出力)の映像から非圧縮D−1コンポーネント規格 (720 X 540)による高品質なデジタル映像を、東映化学デジ タルテックのシネオンストリームFXのAccom WSDの協力を得て、実現する事になりました。これは現在の様々なシステムの中で、最上なものとして位置ずけられると考えてます。今後のデジタルエフェクト作品をご期待下さい。
Pramon1 制作:グリップ
エージェンシー:橋本  嘉博、後藤  雅之(ジェイアール東日本企画)
プロデューサー:高見沢  匡雅、阿部  正則
企画・演出:栗原  博之
撮影:岡垣  亨
照明:芳澤  幸利
Pramon1 美術:相馬  直樹
PM:山田  英樹 大西  雄介、坂上  亜似
CG制作:フロントライン
協力:ベビーユニバース 東映化学デジタルテック
EED:クロースタジオ(エデットボックス)
Pramon1 Pramon1
space
ページの上へ 前のページに戻る
space
space

1996年撮作品

iwate1 題名:JA岩手県経済連「いわて純情米」
副題:賢治の贈り物
制作:放芸
演出:岩橋  修平
撮影:岡垣  亨
iwate1 照明:石井田  信雄
CG:山田  浩之(B-Artist)
現像:東映化学工業
iwate1 宮澤賢治「銀河鉄道」の列車が星空が輝く岩手の稲帆に舞い降り直進しながら再び走り去って行くという15秒のCFです。11月からオンエアーされていますが、東京ではTBSのみとなっているそうです。
このCGを制作されたB−ARTISTの山田浩之氏はWindowsNT(ペンティアム200MHZ)上でLight Wave 3Dを使用した約二週間の作業工程で、当時、岩手を走っていた軽便鉄道の資料が少なく、実寸をモデリングする際に苦労されたそうです。
ちなみにこのNew Tek社のLight Wave 3Dは、被写界深度を設定出来るソフトなのですが焦点距離とF-Stopの設定項目があり、実際の撮影条件により近い映像を作る事が可能です。
iwate1 このディスプレイカットは4X5サイズのスチールポジをスキャニングしてフォトレタッチ作業で色彩調整をしたものです。この様な作業 は合成を含めて、これからはカメラマンの分野になって来ると思います。
space
ページの上へ 前のページに戻る
space
復刻版制作:アイティサーブ・ジャパン
space
Copyright:(C) 2010 ITSERVE-JAPAN. All Rights Reserved.
space